コンタクトレンズを洗わなければいけない理由

コンタクトレンズを洗わなければいけない理由は、レンズには汚れがつきやすいからです。手や指は微生物がつきやすく、コンタクトレンズを装着する際、指先の汚れがレンズについて繁殖することがよくあります。また、コンタクトレンズは目から分泌されるタンパク質などの汚れや、雑菌などが付着しやすく、常に不潔な状態になっています。従って、コンタクトレンズを外した際には、しっかり洗浄しなければいけません。コンタクトレンズを洗う時は、装着前と後に必ず行うようにし、毎回、しっかり、こすり洗いを実施する必要があります。そうしないと、レンズにこびりついた汚れをとることはできません。コンタクトレンズには、汚れがびっしりこびりついているので、外した時と装着する際には、できるだけ、指でこすり洗いをするようにしましょう。単に、コンタクトレンズを洗浄液に浸けるだけでは不十分で、消毒効果は得られません。レンズのこすり洗いをしないと、ちゃんと殺菌できません。コンタクトレンズは、取り扱い時に手指を介して汚れや細菌、カビなどが付着しやすく、装用時、涙液中のタンパク質、脂質などがレンズに付着しやすいので、しっかり洗わないといけません。

 

コンタクト洗浄をしてくれる機械